タオバオ

タオバオとは?

タオバオとは、中国のショッピングWebサイトになります。日本でいうところの、ヤフーショッピングや楽天・Amazonのようなサイトと考えるといいでしょう。

 

中国語では「淘宝」と書くんですが、“見つからない宝物はない、売れない宝物はない”といった意味合いを持つみたいですよ。

パンダ

 

アジア最大のオンラインショッピングモールと言われ、タオバオ社が公表している情報によると、タオバオの登録ユーザー数は5億人を超えているみたいです!日本の人口の約4倍の人数です。

 

利用されている方が多い=売り上げ額も当然多くなります。なんと1日で約2400億円を売り上げた事もあるみたいです。

 

ちなみに新宿伊勢丹の年間売上額が約2300億円なので、タオバオは僅か1日で新宿伊勢丹1年間分の売り上げをあげた事になります。

 

それだけ中国ではタオバオの人気が高いというのが分かりますね。そして、最近では中国だけでなく、日本でもタオバオを利用している方が増えてきているんです。

 

 

タオバオで稼ぐ!?

日本でタオバオを利用されている方の多くが、転売で収入を得ている方だと思います。タオバオで購入できる商品は値段が安い物が非常に多いです。その商品を買い付け、日本で購入価格より高く売る事が出来ます。

 

その差額が利益となるので、上手くいけば月に数十万円の稼ぎが出るなんて事もあります。実際凄い方だと数百万円の利益がある方もいるみたいだし、副業として月数万円を稼ぐサラリーマンや主婦の方も多いみたいです。

 

インターネット環境があれば、いつでも出来るというのも利点の一つです。タオバオで購入して、商品が届き次第ヤフオクなどに出品するだけですからね。

 

時間の空いた時に手軽に利用できるのが人気なんだと思います。

 

不安…

 

輸入と聞くとパッと浮かぶのが「海外から商品や物を仕入れる」というのが私は浮かびます。

 

中国輸入とは、中国から何らかの商品や物を仕入れるということなのかな??

 

以前働いていた会社で中国の工場で商品を作ってもらい、出来上がったものを送ってもらったり、現地からサンプル品やセレクトしたものを送ってもらっていました。そういったこと仕入れというのか輸入というのか?

 

輸入と仕入れは同じこと??

 

中国などの海外から輸入をするには税関など大変そうな手続きがあったことを思い出しますね。書類ひとつのやり取りでもひとつ手違いがあるとやり取りが面倒そうでしたね。

 

日本国内の郵送や運送だど運送会社の送り状ひとつで届いて、トラブルがあっても電話ひとつで終わることが多かったんですけどね・・・

 

輸入がしたいと思ってもそう簡単に「これが欲しい」「じゃぁ送るよ」って進むことではないようなイメージを持っています。


 

タオバオ利用は難しくないのか?

タオバオは中国のショッピングサイトなので、利用する場合は中国語も分からなければなりませんし、支払も中国で銀行口座を開設しなければならない場合があります。

 

そうなると、利用するハードルが一気に上がりますよね。中国語なんて喋れない…という方はほとんどだろうし、銀行口座を作るなんてどうやったらいいのかチンプンカンプンですよね(;゚Д゚)

 

タオバオを利用して中国輸入している方は、みんなこんなスゴイ事しているのか?って尊敬…、なんてしなくてイイですよ。

 

実際、タオバオを利用してる方のほとんどが中国語なんて喋れないし、銀行口座の作り方も分かっていません。では、どうやっているのかと言えば、タオバオの代行業者を利用しているんです。

 

タオバオ代行業者

現在、中国輸入の代行業者というのが日本にも数多くあります。どういった物かと言えば、利用者の代わりに中国から商品を仕入れてくれる輸入転送業者なんです。

 

代行業者を利用するメリットは、中国語が喋れなくても問題ない・銀行口座の開設などをしなくてもいい、などといった利点があります。他にも、代行業者が中国国内で検品してくれるので、商品が届かないといった事もありません。

 

代行業者を使わず個人利用した場合、言葉などのトラブル以外にも、注文した商品と違うものが届いたり、商品が届かなかったりする場合があります。こういった場合、対応するにもどうやればいいのかさっぱり分からない。結果的にそのまま諦めてしまうといったケースがよくあります。

 

代行業者を利用した場合は、このようなトラブルに合う心配もないので安心です。

 

 

どこの代行業者を利用するのがいいのか?

中国輸入の代行業者を検索してもらうと分かるんですが、多くの代行業者が出てきます。これだけ出てきたらどこを使えばいいのか悩みますよね。

 

どこでも一緒なのでは?って思うかもしれないですが、中には手数料が高かったり、注文したはいいけど全然商品が届かない…なんて代行業者も存在します。また、気付いたら代行業者自体無くなっていた、なんて場合も。

 

ある意味、誰でも始めれる事なので、個人でされてる小規模な代行業者も多くあります。出来るだけ小さい会社より大きな規模の代行業者を利用するのが間違いないでしょう。

 

タオバオ新幹線

大手の代行業者はいくつかあるんですが、中でも「タオバオ新幹線」といった中国輸入代行業者がお勧めです。タオバオを利用している方の多くがこちらの代行業者を利用しており、評判も凄くいいです。

 

タオバオ新幹線

 

タオバオの利用方法など、分かりやすく動画で説明してくれているので、これから中国輸入をやってみようと思っている方も安心ですね。

 

タオバオ新幹線の特徴

・業界最安値水準の手数料
・チャットで問い合わせ、仕入れ、購入が可能
・お買い得商品の仕入れリストを公開

 

トラブルなどもなく利用できると人気なので、今後タオバオを利用予定の方は、タオバオ新幹線を使ってみるといいでしょう。困った時は担当者が親切に対応してくれますよ。

 

 

中国製品について思う事
年々良くなっていく中国製品

中国製品と言えば作りが悪いといったイメージが先行していますが、私は物によると思います。私は良く100円均一に行くからか、中国製品に出会うことが多いです。

 

実際に使っている商品も多いですが、特に問題があるとは思いません。私はあまり気にしない方なので、家族や人から指摘されて気づくこともしばしばです。

 

だからと言って、どうとも思いませんが。日用品や小物類などは、全然中国製品でも問題ないというのが個人的な意見です。

 

中国製品で避けたいものといえば、組み立て式の商品です。某ホームセンターで以前買ったテレビ台でしたが、日本製品に比べて1万円近くも安かったので、購入することにしました。

 

いざ帰ってから組み立てたものの、これが大変でした。まず釘やねじなどの部品が、書いてある通りに入っていない事がありました。もちろん袋から空けていない状態でです。

 

すぐにお店に電話して交換してもらいましたが、こうしたことは何回か経験しています。また、組み立ての説明書が入っていると思うのですが、この図がおかしいことも結構あります。

 

実際に作業していて、図が左右反対だろと思うことも良くあります。こうしたところは、やや難点だなと思います。それ以来組み立て商品は、日本製を買うようにしています。

 

ただ、そうしたところを除けば、中国製品を特に嫌う理由はないです。日本製品に比べて、安価なこともあり、庶民の味方だと思います。

 

最近は中国製品の質も上がってきているように思います。その理由として、日本企業が中国で生産しているものを売っているケースも増えたからです。

 

ただ単に中国の工場で作らせているだけなので、日本の基準に沿ったものになることが多く、そこまで心配されるレベルでなくなってきていると思います。

 

中国ではこうしたこともあり、日本企業が作らせた中国製品を安心感があると、買う傾向があるようです。

 

中国製品だから一概にレベルが低いと言う事はないと思います。自分の目でしっかりと見て、良いものだと思えば、問題ないと私はおもいます。

 

やはり誰もが、安くて良い品だと嬉しいはずです。中国製品はコレからどんどん品質も上がってくると思うので、今以上に中国製品は日本に入ってくるだろうし、欲しがる物に変わってくるような気がしますね。

 

そういった意味でも、タオバオなんかは日本でも人気があるんだろうし、中国輸入ビジネスをされてきている人が増えているという事なのかなって、気がしますね。

 

知らない間に使っていることがある中国製品

中国製品というと、レプリカであったり有名なブランドを模造して作っているものが多いような気がします。
レプリカであることを明かさずに本物として販売をしているところに悪意を感じます。

 

今はデジタル化をしているので、ipodを使っていますが、昔はウォークマンというカセットやCDを聞くものがありました。

 

日本製品の場合には1万円以上するものもあったのですが、中国製品の場合には1000円以下で購入をすることができました。

 

安いから、ということと学生だったのでお金がなかったということもあり、中国製品を購入したところ、すぐに壊れてしまいました。

 

修理をするお金の方が高いですし、販売店も中国製品だから仕方がない、というような感じで対応されました。

 

やはり家電は日本製のほうが丈夫ですし、長持ちをさせることができます。
性能面でも優れていると思います。

 

中国製品の場合、よく分かっていないのに作ってしまうということがあるので、見た目は似ていても中身が全然違うというものが出来上がってくるのだと思います。

 

家電に限らず、食品も危険性が高いのではないかな、と感じてしまうことがあります。

 

以前、中国の冷凍食品工場で殺虫剤が混入をしてしまうという事件がありましたし、すでに腐敗をしている肉を使って加工食品を作り、販売をしていたということもありました。

 

食の安全もしっかりと守られていないというイメージがあります。
それを禁止したり、法律で安全性を保障するなどの措置を取らない中国政府にも問題があるのかもしれません。

 

すぐに壊れてよいものであれば、中国製品でもいいのかもしれません。
口にするもの以外の場合、少ししか使わないのに高額な費用をかけることもないでしょう。

 

そんな時には使い捨て感覚で使うことが出来る中国製品を導入することを考えてみるのもいいかもしれません。
そうすることによって出費を抑えることも出来るのではないかなと思います。

 

安いというメリットが最大の特徴でもあると思います。物によっては、中国製品で十分な物はたくさんありますからね。

 

なんか、中国製品を上から見ているような言い方になってしまいましたが、実際日本製品と比べるとまだ雲梯の差があると感じます。

 

その分日本製は高いので、ケーズバイケースで使いわけるようにしています。中国製品でいいと思った場合は、インターネットを使って、中国から安く取り寄せるのが最もお得な方法だと思います。